男性と女性

さらに、ドーパミンは人間の攻撃性を高めるので、ドーパミンとエンドルフィンが同時に分泌されている状態では、人間はひじょうこ・つこつに興奮して悦惚とした状態になるわけです。恋人たちが夜も日も明けぬほど愛し合ったり、夜も眠れなくなるほど興奮してしまうはそのためかもしれません。男と畠、いの法IIフェロモン男は女に近づくためにフェロモンを嗅ぎ分け、女は男を選ぶためにフェロモンを嗅ぎ分ける●フェロモンは動物的本能によって嗅ぎ分けられる●フェロモンを多く発している女性ほど男に口説かれやすい●男は母親、女は父親の匂いを回想するのが常O動物の発情期の匂いがフェロモン女性は一般に、男性の汗くさい匂いを不愉快に感じる人が多いようですが、男性の場合、女性の発する体臭を基本的には不愉快に思いません。女性が、これは相手が不愉快に感じるだろうと思っている匂いでも、男性にしてみるとそうでもないのです。男性の場合むしろ逆で、女性がスポーツをした後の汗の匂いにひかれるという男性も結構います。この違いがどこからくるのかはよくわかりません。ただ、一般的に言えるのは、哺乳動物の場合、異性の匂いに近づいていくのはオスで、メスのほうはそれをかわそうとするのが普通だということです。つまり、選択権はあくまでメスのほうにあるわけです。オスはメスの匂いにひかれて近づくのですが、その際、このオスと「配偶行動」をするかしないかの選択権はメスが握っているのです。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→結婚相談所 比較 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

EZ075_L

本能

人間の本能や無意識に根ざしていて、ひじように強い感情的な負荷が加わります。人間の心の奥底からわきあがってくる欲動であるがゆえに、理性的に考えられるものではないのです。そういう無意識のうちにわきおこってくる考えや感情を、私たちは、自分の外側からきたものだと感じることがあります。だからインスピレーション(霊感)として感じられるわけです。どんな人間でも一度ぐらいは恋をしますから、いちばん身辺に体験できるインスピレーションが恋のインスピレーションなのです。大脳生理学的にいえば、そういうときは脳の中のドーパミンやエンドルフィンなどのレベルが高まっているわけです。ドーパミンは覚醒剤(メタンフェタミン)と化学構造式も作用も少し似た物質です。ストレスなどが加わると、脳の前頭葉や辺縁系といった場所にドーパミンが過剰に分泌されることがありますが、精神分裂病の患者にはこうしたケースが見られます。したがって、脳の中のドーパミン・レベルが高まると、彼らと一部共通した心理状態になりえます。ドーパミンのレベルが高まれば、外から与えられたものとして感じます。それがインスピレーションなのかもしれません。また、エンドルフィンとは、アヘンやモルヒネなどの麻薬と化学構造式が似た脳内物質で、苦痛に対するフィードバックとして出てくるものです。ここを読んだら、これからここ→安心 出会系 で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

EZ099_L

エゴ

エゴの部分で相手を認知して恋愛する場合であれば、政略結婚とか、玉の輿、あるいは逆タマを狙っている可能性も高いでしょう。さらに、父親や母親との「同一化」によって後天的につくられるスーパーエゴ(超自我)の部分でする恋愛もあります。「同一化」とは、父親や母親の持っている道徳観や倫理観、宗教といったものを自分の中に取り入れることです。その場合、父親や母親との同一化によって、自分の中につくられたイメージが相手に投影されます。それが無意識のうちに働いて、たとえばマドンナ(聖母)のようなイメージの人にひかれたり、自分自分を地獄の底にひっぱりこんでいくような人に引かれる人もいるわけです。この無意識の中にあるイメージが、フロイトのいう「個人的な無意識」です。フロイトによると、男性はつねに自分の母親のイメージを持っていて、それを自分が好きになる女性に求めているといいます。また、スイスの精神科医C・G・ユングは、人間の心の奥底にはすべての人間に共通した集合無意識というのがあり、その集合無意識の部分に男性ならアニマ(女性的な部分)という共通のイメージⅡ元型があり、女性ならアニムス(男性的な部分)という元型があるといいます。そして、自分の中にあるアニマに近い女性を男性は求め、女性は自分の中のアニムスに近い男性を求めるのだというのです。恋愛感情は私たち人間の心の中の無意識の部分にあるもっとも強い本能です。会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→出会い系 サクラいない で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。

EZ081_L

恋のインスピレーション

そして、この「雷の一撃」が起きると、今度はクリスタリザシオン(結晶作用)が起きて相手に恋愛感情を抱きはじめるのだといいます。彼は「恋愛論』という自著の中で、これを次のようなたとえ話にしています。ドイツのザルッブルクは岩塩の採取地として有名ですが、岩塩鉱に木の枝を差し込むと、枝のまわりにキラキラと輝く岩塩の結晶がくっついて、まるで樹氷のようになります。これと同じで、相手に恋愛感情を抱きはじめると、そのまわりに次々に結晶作用が起きて、相手のやることなすことがすべて美しくみえるというわけです。つまり、恋愛はすべて錯覚に基づいているわけで、ひとたびクリスタリザシオンが起これば、「アバタもエクボ」という状態になるのが人間なのです。だからすべての国にそれを表現する言葉があります。たとえば、英語の諺に、「因蔚昌苛鳥冨切三のQ員似たもの夫婦)」というのがあります。これは、日本の「タデ食う虫も好きずき」という諺に相当します。こうした美しい誤解がなかったら、恋など成立するはずがありません。だからこそ、恋もロマンもあるというものです。もし、テレックスやファックスやパソコン通信で商業的なメッセージを伝えるように、愛のメッセージが正確に伝えられるとしたら、恋のときめきもよろこびも半減するかもしれません。○恋のインスピレーションは本能に根ざしているオーストリアの精神科医ジグムント・フロイトは人間の心の中の無意識の部分をエス(イド)、意識されている部分をエゴ(自我)、スーパーエゴ(超自我)と名づけました。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→結婚相談所 選び方 出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

EZ110_L

夫と妻の心理を考えてみよう

変換 ~ 005

責任感が、現代の男性優位社会を肯定するところから生じてくることは明らかですが、それはまた、おなじ理由によって、妻に対する自己卑下となってあらわれることがあります。
妻を扶養するのは夫の義務である、と信じながら、その義務がはたして妻を満足させるほどに果たされているだろうか、という強い責任感が劣等感を生むのです。
とくにアメリカの夫にみられる妻に対しての屈従的な態度なども、もとはといえばこうした責任感からでたものだといえるでしょう。
ただ、ここで見おとすことができないのは、たとえ妻への屈従的な態度となってあらわれようと、この種の責任感からくる夫の劣等感が、じつは、現代の男性優位を認める社会に対していだかれているものである、という点です。
このことは、妻が夫の屈従的な態度のうえにあぐらをかこうとしたり、いわんや優越感にひたったりすることがいかに見当はずれであるかをものがたっています。
いつぼう、夫かいだく優越感は、その外見にもかかわらず、どちらかといえば男性優位社会の否定にもとづくものであるということができます。つまり、男女平等を原則とする社会において、経済的能力にまさっているものとしていだくのが、優越感とよぶべきであるからです。
優越感に責任感がともなうことは、もちろんありうることですが、優越感はまた責任感とちがった心理のはたらきをあらわします。
まず、責任感がむしろ社会に対するものであったのと反対に、優越感が全く夫の妻に対するものであるところに、両者のちがいがあらわれるのです。
優越感は、一面、夫の妻に対する支配的な態度となってあらわれ、夫はつねに、妻の優位に立とうとすることで満足をおぼえます。
妻に屈従することを好まず、もし優越感をきずつけられることがあれば、強い不満をいだくことになるでしょう。
妻は自分が扶養してやっているのだ、という意識がその底にあることはいうまでもありません。
素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
優越感が別の面であらわれると、妻に対する同情やあわれみとなります。いわゆる弱いものに対する同情に近い心理、がそこにはたらくのです。
妻をとくくつかわいがる夫の心理にも、たとえ意識的にではないとしても、無意識的にこの優越感がはたらいているといえましょう。
優越感は、また、故意に妻に対して屈服的な態度をとることで、それをいっそうつよくしようとすることがあります。

極上オトコの操縦法

DY046_L
「~しちゃダメ」は禁句。「楽しんできてね」と言おう

ある店のトイレにこんなコメントを見つけた。
「いつもキレイに使っていただいて、ありがとうございます!」この言葉は、人の心理を突いているな、とちょっと感心した。
これがもし、「汚すな。トイレはキレイに使いましょう」みたいな言葉だったら、あまり効果はないんじゃないかな。
人には「ダメ」って言われると、逆に反発したくなる心理がある。恋愛においても、その心理は当てはまるケースが多い。とくに相手が極上オトコの場合。
当然、オンナからはモテモテなわけだし、束縛を嫌うオトコも多い。そんなオトコに対して、例えば「合コンには行かないで」と言っても逆効果。
自分の行動を制限されるような言葉には、反発心を起こすだけだからね。それを逆に「楽しんできてね」と言われたら……?正直、悪いことはできないと思うよ。
そう言われちゃうと、ハメをはずそうと思えなくなる。なぜって「楽しんできてね」と言われた後で、他のオンナと浮気をする勇気がないから。
間違いなくオトコのほうが怖がりなんだよね。オトコがなぜ、怖がりかっていうと、オトコの思考はすべてたし算だから。
今までのことをゼロにできないし、ゼロからスタートできない。昔の恋人をいつまでも忘れられないのは、オトコのほうだしね。
反対に、オンナの場合はリセットできる生き物。恋愛においても一度すべてをリセットして、ゼロから新たにスタートできる強さを持ち合わせているんだよね。
もちろん恋人に捨てられたり、別れたときは、オンナだってすごく傷つく。
「もう、恋なんかしない」と嘆く日々があっても、新しく恋がはじまってしまえば、元カレのことはキレィにリセットして、
新しいオトコの胸に飛び込めるのが、オンナの強さなんだよ。
そう思えば、オトコに「あれもダメ、これもダメ」なんて束縛するより、ドーンと構えて「楽しんできてね」って笑顔で送り出すほうが、
結果的にはオトコの気持ちをつかむことになる。男女を比べた場合、やっぱり優れているのはオンナのほうだと、つくづく思うよ。
だから恋愛でもその能力は大いに発揮したほうがいい。それが極上オトコの操縦法のひとつだといえるよね。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

倦怠期の乗り越え方

DY045_L
行動パターンを変えるだけで「飽きる」から脱出できる

この本を読んでくれているみんなは、まさに恋に対して戦闘体勢だろうから「倦怠期」と言われても、ピンとこないかもしれない。でも、恋愛期間が長くなって二人の仲が安定してくると、「なんだか最近、カレといてもときめかない」なんて思ったりする。でもオレは、あんまり「飽きる」って感情をもったことがない。なぜって、毎日がまったく同じ、なんてありえないから。いつも見ている風景だって、同じ空、同じ雲、同じ風が吹いているわけじゃない。人間だって同じ。いつも一緒にいる彼だって、いつも同じテンションじゃないし、毎日いろんな出来事に遭遇して、毎日、新しい刺激を受けて変わっていってるはずだから。「倦怠期」って、「同じことの繰り返し」と本人が思い込んでいるから起きるんだと思う。ってことは、自分でいくらでも変えられるってことだよれ。それには、手っ取り早く「いつもの行動パターン」を変えてみる。それは恋愛でも学校でも、仕事でも同じ。毎日同じ時間に起きて、同じ電車に乗って・・・じゃなくて、たまには扣分早く起きて、学校や会社に行ってみる。それだけで違う感覚になるよ。「倦怠期」って、毎日、同じ行動パターンに自分も相手も巻き込んじゃうから、よけいに抜け出せなくなるわけ。自分が変われば、相手も変わる。「最近、デートもエッチもマンネリで、つまらない」と、カレにぼやく前に、自分でデートの行き先を提案したり、いつもカレの部屋でばかりエッチしていたのなら、たまにはラブホテルに行ってみるとか、「いつもと同じパターン」から脱却する知恵を働かさなきゃね。そういう意味じゃ、相手を手に入れるまでが「勝恋」じゃない。極上のオトコを落としてから、いかに飽きずに飽きさせずに2人の仲を育んでいけるかが、本当の意味での勝負と言えるかもしれない。瞬発力勝負の短距離ランナーもいいけど、持久力勝負のマラソンランナーこそが、長続きする本物の恋を手に入れられる。短期決戦ばかりに勝負を挑んでないで、恋の持久力も同時に身につけて欲しいよね。
新しい出会いがで、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

空気が読めるオンナはなぜモテるのか

DY044_L
空気が読める=リーダーシップがとれるオンナだから

大勢でいるとき、その場の雰囲気を察して、盛り上げてくれたり、気を配れるオンナ。二人きりでいるとき、オトコをいい意味で放っておいてくれるオンナ。
はっきり言って最高に「イイ女」だと思うよ。どちらにしても、その場の空気や相手の状況を読めるオンナは、感性のアンテナが鋭い。頭のいいオンナ。
それにその場の空気が読めて、行動できるオンナは、言い換えれば、「リーダーシップがある」ってことだ。空気が読めるから、率先して動ける。
そういうのは、なんか母親とダブるよね。いつもはそっとしておいてくれるのに、肝心なときにさっと助け舟を出してくれるのは、まさに空気が読めるから。
まあ、これはオトコ側の勝手な言い分なんだけど、基本的にオトコって普段は放っておいてほしいんだよね。でも、寄っていったときには、邪険にしないでほしい。
オレなんかも、外で会ってる分にはいろいろ話すほうだけど、普段、家にいるときはあんまり話さないタイプなんだ。テレビを見ているときは、話しかけないでって思うし。
そう思うと、オトコなんて家の中じゃ「犬猫レベル」なんだよ。オトコ(オス)は、外に出ると戦闘モードだから、その分、家ではくつろぎたい。
それが「ラク」ってこと。オンナから見れば、家でオトコがダラダラしているのは不満かもしれないね。でも、それがイヤならオトコと一緒に住んじゃダメってこと。
「いつまでも、私だけを見ていて!」と思うなら、結婚なんてせずに、恋愛だけしてればいいんだから。こういう話をしていたら、ある女性がこう言った。
「仕事しているときは、きりつとしてるのに、部屋にいるときの彼は、まるでお腹いっぱいになって寝転んでるライオンみたい」って。なるほど、いいたとえだよね。
まさにオトコは、ライオンそのもの。群れや家族を守るために戦ってるときと、普段、お腹を上向きにして寝転んでいるときは、別人(別ライオン?)だから。
そういう姿も「かわいい」と思えなきゃ。お腹を見せて寝ているときは、相手に心を開いているってこと。
そういう相手の状態や空気を読めるオンナなら、オトコは絶対にキミから離れないはずだよ。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

コミュニケーションを改善する方法1つ

DY043_L
積極的傾聴―この技法は相手が話をしている時に、よく聞くことができようになるのを教えてくれます。
まず、自分がそのような技法を身につけ、実践することで、夫も、この技法の価値を見出すようになるでしょう。
そこで、夫が話し始めた時に、まず、あなたが手をつけていることを止め、彼に耳を傾けるのです。そして、自分の考えを言うのを控え、夫の話を邪魔をせず聴くのです。
そして、夫の言いたいこと、言っていることをよく理解するために聞き返します。
「もう一度、言って。ちょっとよく分からなかったから」とか、「別の言い方で言ってくださる?」などといって聞き返します。
もちろん、このような技法は、「砂糖を取ってくれないか?」などといった単純な願いごとに対しては無用の長物です。
なにか問題を説明しようとしている時とか、なにかに関する自分の意見を述べているような時に効果があります。
十分から十五分ぐらい、こうやって夫の話を傾聴した後で、彼の言いたかったことの内容を簡単に要約したことをフィード・バックします。
そして、あなたの要約がまちがっていないかどうかを尋ねます。さて、夫に傾聴して欲しい時にはどう言うかです。恐れずにこう言ったらよいでしょう。
「ちょっとこれから数分の間、私の話を聞いてね。その間、新聞を見ないで聞いてね」
あなたが、まず夫に傾聴する姿勢を示し得たのなら、おそらく、夫の方もあなたを傾聴するチャンスは高まると思います。
あなたの考えやアイディアに耳を傾けてくれると思います。少なくともあなたを無視するといった最悪な反応は避けられるにちがいありません。
この積極的傾聴の技法に従って話し合いをしたカップルは、自然に話し合える機会がふえたと言っています。
そして、とっても満足な話し合いができるようになったと言います。一つの秘訣は、話し合いが邪魔されるような状況をできるだけ排除することです。
中断されない話し合いが重ねられるに従い、積極的傾聴の技法が高まるものです。
さらに、積極的に、双方が傾聴できるようになると、話し合いの中頃から心の安らぎを感じ始めるようになります。
この心の安らぎが生ずるのは、いちいち議論したり、相手の意見に対応するために考えたりせずに自由に話せるので、脳の働きがスムーズにいくからです。
また、相手の言いたいことに神経を集中することで、自分が言いたいことを考えたり、弁護したい気持ちにとらわれなくてすむので、頭がリラックスできるからです。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

コミュニケーションを改善する方法2つ

DY042_L
読書療法―問題がそんなに深刻でないカップルには、読書療法を私はよくすすめます。お互いに関心をもって読める本をすすめます。
その中のある部分を二人ともよく読み、読んだ後にお互いに感想を話し合うわけです。
また、別々の本を各自が読み、自分たちにあてはまる箇所をお互いに紹介し合うという方法もよいでしょう。

朗読―この方法は読書療法の一部のようなものです。自分にとって関心のある箇所を相手の前で蝿(に) 声を出して読むわけです。
そうすることの背後に、そこに書かれていることを相手がよく聞いて、実行して欲しいという動機があると思いますが、
かといって、希望どおりにならない場合も予想できま雍す。かといって、止める必要はありません。少なくとも一つの目的は果たせるわけですから。
特定の問題についての話とか、あなたの不満を聞くというわけではないので、夫の方も耳を傾けてくれると思います。
それに、気負わずに、やさしい声で読めば、なおさら聞きやすくなると思います。、》まず、新聞や雑誌の中から興味のあるところを読んでみてはいかがでしょう。
それがうまくいったら、次の機会には、夜、休む前に本の一部を読んでみるのです。
要するに、声を出して読むことの目的は、書かれていること、読んだことを、二人で試してみることにあるわけです。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

WordPress Themes