極上オトコの操縦法

DY046_L

「~しちゃダメ」は禁句。「楽しんできてね」と言おう

ある店のトイレにこんなコメントを見つけた。
「いつもキレイに使っていただいて、ありがとうございます!」この言葉は、人の心理を突いているな、とちょっと感心した。
これがもし、「汚すな。トイレはキレイに使いましょう」みたいな言葉だったら、あまり効果はないんじゃないかな。
人には「ダメ」って言われると、逆に反発したくなる心理がある。恋愛においても、その心理は当てはまるケースが多い。とくに相手が極上オトコの場合。
当然、オンナからはモテモテなわけだし、束縛を嫌うオトコも多い。そんなオトコに対して、例えば「合コンには行かないで」と言っても逆効果。
自分の行動を制限されるような言葉には、反発心を起こすだけだからね。それを逆に「楽しんできてね」と言われたら……?正直、悪いことはできないと思うよ。
そう言われちゃうと、ハメをはずそうと思えなくなる。なぜって「楽しんできてね」と言われた後で、他のオンナと浮気をする勇気がないから。
間違いなくオトコのほうが怖がりなんだよね。オトコがなぜ、怖がりかっていうと、オトコの思考はすべてたし算だから。
今までのことをゼロにできないし、ゼロからスタートできない。昔の恋人をいつまでも忘れられないのは、オトコのほうだしね。
反対に、オンナの場合はリセットできる生き物。恋愛においても一度すべてをリセットして、ゼロから新たにスタートできる強さを持ち合わせているんだよね。
もちろん恋人に捨てられたり、別れたときは、オンナだってすごく傷つく。
「もう、恋なんかしない」と嘆く日々があっても、新しく恋がはじまってしまえば、元カレのことはキレィにリセットして、
新しいオトコの胸に飛び込めるのが、オンナの強さなんだよ。
そう思えば、オトコに「あれもダメ、これもダメ」なんて束縛するより、ドーンと構えて「楽しんできてね」って笑顔で送り出すほうが、
結果的にはオトコの気持ちをつかむことになる。男女を比べた場合、やっぱり優れているのはオンナのほうだと、つくづく思うよ。
だから恋愛でもその能力は大いに発揮したほうがいい。それが極上オトコの操縦法のひとつだといえるよね。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

WordPress Themes