コミュニケーションを改善する方法2つ

DY042_L

読書療法―問題がそんなに深刻でないカップルには、読書療法を私はよくすすめます。お互いに関心をもって読める本をすすめます。
その中のある部分を二人ともよく読み、読んだ後にお互いに感想を話し合うわけです。
また、別々の本を各自が読み、自分たちにあてはまる箇所をお互いに紹介し合うという方法もよいでしょう。

朗読―この方法は読書療法の一部のようなものです。自分にとって関心のある箇所を相手の前で蝿(に) 声を出して読むわけです。
そうすることの背後に、そこに書かれていることを相手がよく聞いて、実行して欲しいという動機があると思いますが、
かといって、希望どおりにならない場合も予想できま雍す。かといって、止める必要はありません。少なくとも一つの目的は果たせるわけですから。
特定の問題についての話とか、あなたの不満を聞くというわけではないので、夫の方も耳を傾けてくれると思います。
それに、気負わずに、やさしい声で読めば、なおさら聞きやすくなると思います。、》まず、新聞や雑誌の中から興味のあるところを読んでみてはいかがでしょう。
それがうまくいったら、次の機会には、夜、休む前に本の一部を読んでみるのです。
要するに、声を出して読むことの目的は、書かれていること、読んだことを、二人で試してみることにあるわけです。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

WordPress Themes